面白い離婚

変なタイトルですが、わたしの悲惨で笑えるかつての結婚生活を、ネタに変えて紹介しています。正確には面白い離婚というより、今思えばなんだこりゃな結婚生活についてのブログです。

寝ているものを引きずり起こす。

ある夏の日の思い出です。


現在冬真っ盛りですが、ふと思い出したので。


ある夏の日。

旦那が『○○日に、友達宅でバーベキューがあるんだって』というので、『うん、行っておいで』というと『は!?お前も行くんだよ』といいます。
が、その時期私は宿泊施設に勤めており、その勤め先がちょうどすごく忙しい時期でした。

予定の日も夕方18時まで仕事(残業の可能性あり)、翌日は早朝から出勤予定だったので、正直パスしたいと思いました。
『18時まで仕事だし、18時に終わるかわからないし・・・』と私が言うとちょっと不満げでしたが、「じゃあ一人で行く」とも「いや、おそくなってもいいから二人で行こう」とも言われず、うやむやになりました。

当日、急いで18時に仕事を切り上げ、手土産を購入して帰ると、ちょうど旦那が出かけようとしています。
『私行かなくていいの?』というと、何も言わずむっとした態度でじっとしています。
『手土産を買ってきたから・・・』と強引に車のドアを開け、『すぐ着替えてくるから・・・』というと、『いや、いい』というのです。
『でもお酒飲むでしょ?運転どうするの?』というと、『飲まない』といいます。
仕方がないので、そのまま送り出して自分は家で待つことにしました。

その後は連絡もなく、12時を過ぎたので、私は翌朝が早いので「先に寝ます」とメモを書いて寝室で寝ました。

夜中2時ごろ、旦那が帰ってきた様子で物音がするなあとうっすら意識が戻りかけていたとき、いきなり旦那に腕をつかまれ、『起きろ』と引きずり起こされました。
私は何がなんだかわからず、そのまま引きずられるようにして家の外へ。
旦那は相当酔っており、友人が家まで送ってくれたようでした。
旦那は、『送ってくれたからお礼を言え』と・・・・・・。
私ははっきりしない頭のまま、ヨロヨロと友人のところまで行き、お礼を言いました。

しかも視力の悪い私は、いつも眼鏡かコンタクトレンズを使用していますが、寝ていたところを引きずり起こされたので当然裸眼でお友達の顔もわかりません。
誰が送ってくれたのか、そしてこの明らかに寝起き、そしてもうろうとした私をシラフのお友達がどんな表情で見ていたのか…。

なんとかお友達をお見送りして気がつくと、そこにいるはずの旦那がいません。どこへ行ったのかと暗がりの中物音を頼りに近づくと、アパートの花壇で嘔吐中。

明らかに飲みすぎです。

介抱して、冷たいお水を用意して・・・。

一連の出来事を反芻してぼんやりしていると、『はい、終わり、用は済んだから寝ろ』


かなりぼんやりしていたので、『はい、寝ます』という感じでそのまま布団に潜り込んで寝ました。

私は翌朝も早朝から仕事です。


今なら怒れます。たぶん。

でもその時はただただ、悲しかった。

一緒に行かなかったから怒ってるんだね。


今になって、私の何が悪い!?っと怒りが湧いてくるのです。遅!



#モラハラ

#結婚生活

#元旦那


共感した


ライターの火を近づける

元旦那は喫煙者でした。

離婚直前に禁煙に成功したので、そのまま継続していれば今はもう吸っていないでしょう。


喫煙者なのでライターを常備しています。

家中いたるところにぽんぽん置いてあります。


ある日。普通にくつろぐ普通の夜。


何を思ったのか、突然私の頬にライターの火を近づけてくるのです、笑いながら。


果物の汁で白い紙に絵を描き、乾かした後ライターで炙るとあら不思議!!

書いた絵が浮かび上がるのです!

そう、あぶり出しです。

しかし彼が炙っているものは私の頬、果物の汁は仕込んでいません(笑)。



おふざけのつもりでしょうか。

でも向けられた方はすごく怖い。

やめて、なんでそんなことするの?!と言ったら、ちょっとした悪ふざけだといいます。

悪気はないし、火傷するほど近づけていないと。


彼にはかわいい姪っ子の「あやめ」がいます。

「あやめちゃんにもその悪ふざけやるの?」と聞くと、あやめちゃんにはやらないと。


あやめは小学生だから。


私も小学生なら、炙られずに済んだのか。

今も悩むところであります。


#モラハラ

#結婚生活

#元旦那




TOKYO GIRLが沁みる


踊れBoomBoom TOKYO GIRL

色とりどりの恋


そう、perfumeの  『 TOKYO GIRL』です。


ガール!!

そして去年散々流れていて、いま!!


その辺りのツッコミは置いておいて。



目が覚めた時点で、『ひとり』感半端ないです。

この歌詞の主人公としては、主題歌だったドラマのヒロインでしょう。

30代、おひとりさま、ある程度落ち着いて、立場も確立した、でもこのままでいいのかな?というお年頃。


でも、聴いていてとても幅広い『女性』に向けた歌だなぁって思います。


就職が決まって、はじめての一人暮らしでの東京。10代後半には、力強い励ましの歌になることでしょう。

目一杯に、手を伸ばして。

そんな日々に。


色とりどりの恋。

kawaii と馳ける未来。

お仕事にも慣れてきて、でもやることたくさん、忙しくて自分を見失ってないかな?このままでいいのかなって葛藤している20代に寄り添う。


40代の私は、冒頭の目覚めたときのひとり感に、強い孤独としっかり行きて行かなくちゃいけない、弱みを外で見せてはダメ。誰にも。

そんなメッセージを感じる曲です。


太陽が差し込む町で目を覚ます


どこの町でも太陽が差し込みます。

目を覚ましたときはいつだってひとり。


さみしい、でもそれを知られてはダメ。

ひとりでもきりりと立っているわたしをいつも演出してる。

誰にも言えない不安や寂しさを隠して、頑張っている全ての女性を励ますすごいパワーを持った歌だなって、聴きながら涙が止まらないのです。



人の不幸を気にする

結婚していた時、やたらと激しい殺し合いの漫画や、不幸で救いようのない話の小説やドキュメンタリー、ホラーな映画や血がドバドバ出る動画などを好んで観ていました。

『わたしそういうのが好きなんだよねー』と思っていましたが、最近はそんなに興味がありません。

むしろ、怖いし、眠る時に思い出すので避けるようになりました。


最近になって、なにかで見かけたのですが、この行為は人の不幸を見ることによって、自分を肯定しているのだとか。

『これよりはまし』ということでしょうか。


この記事を見て、思い当たるところがある方がいらっしゃるのではないでしょうか。


このことに気づけたおかけで、いつかまたそんな気分になった時は、自力で修正できそうです。



金借りてくれ

離婚してから2年、もう最近ではあまり思い出すこともなく、ふと思い出した時に彼の名前が出てこなくて、あら?えーっと?とすこし考えたりするようになってきました。
何人か前の彼氏の名前を思い出したりして、いやいや違う違う、なんでその名前(笑)  とひとりツッコミしている次第です。


さて、今回もまた衝撃のタイトル『金借りてくれ』

先日わたしは、長年乗ってきた愛車が限界を迎え、薄給ながらも気に入った新しい車をローンで購入しました。
ローンはやはり金利が大きい…できればなんとかして繰上げ返済をしたいなぁなどと考えていて、ふと思い出しました。

『金借りてくれ』
無職の彼がわたしに言いました。
銀行から、金を借りてくれと。
彼が無職なので、生活はカツカツです。
しかし彼が借りて欲しいのは生活費ではありません。
お金を借りてどうするのか。

その借りた(仮に300万円とします)お金を、

『貯金するのだ!』


目が点です。

彼はいつか、自分のお店を持ちたいと思っています。
その開業資金にするのだと。
でも、いまは無職なのでお金が借りられない。
定職についているおまえは借りられる!
しかし、開店する際にはおまえには仕事を辞めてもらわねばならん
だから、今、金を借りてくれ!


お店をオープンするめどなどまったくありません。
本人は絶賛無職、毎日インターネットで情報収集という名のネットサーフィンと家事をして、わずかな貯金と嫁の稼ぎで暮らしています。


すごい!新しい!
そんな発想聞いたことがない(笑)!!


………途方に暮れました。
広告の裏に、借りたお金と金利について、子供に教えるように図解で説明しましたが、まったく理解してもらえません。
最終的に『おまえは店をやる気がない!』と半ギレモードに。

以前、車の残価設定型ローンをわかってもらえない話を記事にしましたが、彼には金利の概念がないようで。


離婚する際に彼は無事正社員で就職しましたので、今頃好きなだけお金を借りて金利を払いながら貯金をしていることでしょう(笑)



アルバイト

私の職業は事務員です。

結婚した当初はホテルで働いていましたが、時間が不規則なため事務職に転職し、その後ずっと同じ職場に勤めています。


旦那が無職の間、どうしても生活費その他諸々が足りず、本業の合間に昔のツテを頼ってアルバイトをしていました。

結婚式の配膳のアルバイトです。

休日に出られるし、もともとホテル勤めの私にはうってつけのアルバイト。

働かない旦那の分とまでは行きませんが、生活費の足しにはなります。

そしてこのアルバイト、旦那と別れてからも、なんやかんやで続けています。

つい先日も、本業のあとそのままアルバイトに。



幸せそうな新郎新婦の姿に、ジーンと来るものがあります。

本当に幸せそうな二人。


私の結婚式は、『お願い、ちょっと、待ってください』が言えず、私が我慢すればいい、今日は笑顔でいなければいけない、と苦しい1日でした。

うっかり引いた風邪もピークで咳き込むと止まらず、介添えさんに濡れマスクを持っていてもらいました。

思い出すのも辛い、無理やり笑顔の疲れた1日でした。


こうして、アルバイトに入って新郎新婦に思うのです。

今日のこの、ふたりの思いがずっと続きますように。

このふたりが、ずっと幸せでいられますように。

お互いのことを、ずっと大切に思って。

その、優しい目線をずっと忘れないで。

その、心からの笑顔が曇ることがありませんように。



そして、今日のその笑顔が、無理して作っているものでありませんように。




そんなことを思いながら、目頭が熱くなるのをぐっとこらえて、二人がチョイスした美味しいお料理を出席された皆様に届けています。



突然思い出す断片的なこと。

彼が機嫌が悪そうな時。


あ〜 どうしたんだろう〜

機嫌が悪いのかな〜

わたしなんかしたかな〜

こわいな〜こわいな〜



と、稲川淳二さんのように心の中で言葉を繰り返しながら、彼をちらりちらりと見ていたら。





『なにチラチラ見てんだよクソが!』と言われましたね〜。



ふと、思い出しました。

相当機嫌が悪かったんでしょうね。

そしてたぶん、そんなこと言っていない!  と言うでしょう。


いいえ言いました。

やった方は忘れてしまうけど、やられた方は覚えてる。