面白い離婚

面白い離婚なんてないと思いますが、ただ楽しく読んでもらえたらいいなと思います。

有名なシェフのレッスン

彼は料理人でした。

無職ですが料理人です。

いつかお店を出したい料理人です。


いつかお店を出したい彼の夢を、私は応援していました。

何か情報になりそうなものがあったら、すぐ彼に伝えていました。


ある時、近くで世界的に有名なシェフのレッスンが開催されることを知りました。

とあるイベントにそのシェフがやってきて、数時間ですが一般の参加者を対象にレッスンをしてくれるのです。

地方都市では、こんな機会はめったにありません。

そのイベントは車ですぐの場所で開催されます。

料理に携わる人なら、誰もが名前を知っているであろう有名なシェフです。

そのレッスンは当然抽選となります。


私は往復はがきを何枚も買ってきて、応募しました。

私が行くためではありません。

もちろん彼に行ってもらうためです。

一般の人向けのレッスンですが、彼はいま無職。

一応プロですが、休職中ということで許してもらえるでしょう。

なにより、そんなすごいシェフのお仕事をきっと間近で見たいはず。

しかも仕事をしていたら、そんなイベントに参加する時間は取れなかったでしょう。

幸いにも(?)今は無職。

時間は自由です。

どうか当選しますように。

願いを込めてはがきを送りました。


彼にその話をしました。

目を輝かせて『行きたい!!』と言うだろうと、わくわくしながら話しました。

が、

ふーん

とか

ああ

とか

気の無い返事ばかり。

聞いてないのか、当選してもいないのに興奮することはないと思っているのか…。


とにかく、結果を待つことにしました。



そして、しばらく経ったある日。

はがきが届きました!!

たくさん送りましたが、彼の名前で出したはがきが見事当選!!

一枚だけ、そのレッスンのチケットを手に入れることができました。


今度こそ、大喜びするに違いない!


そして、やや興奮気味に彼に当選を伝えました。

帰ってきた言葉は


『行かね』



ん??

行かない。


当選したのに?


どうしてと聞いても、答えは帰ってきません。

挙げ句の果てには、『お前行け』


彼なりのプライドとか意地とか、あったんでしょうね…。

もちろんそれがわからないわけではありません。

でも、仮にもお店を出したくてお仕事をしていないのだから、こういう機会はチャンスだと捉えるものじゃないのかな…。

私の発想がおかしいのかな。


結局、どうしても行かないというので、主催会社に当選辞退の連絡をしました。

電話に出た女性は『ええっ?!辞退?都合が悪くなりましたか?残念ですねぇ…もう少し待ってもいいんですよ?すごくもったいないですよ〜!』と熱心に言ってくださり、こちらが申し訳なくなるほどでした。


先回りしすぎて、失敗するタイプの私?

でもどうして彼は行かなかったのか、行きたくなかったのか。

いまだにわからないし、もう知るすべはありません。