面白い離婚

変なタイトルですが、わたしの悲惨で笑えるかつての結婚生活を、ネタに変えて紹介しています。正確には面白い離婚というより、今思えばなんだこりゃな結婚生活についてのブログです。

ライターの火を近づける

元旦那は喫煙者でした。

離婚直前に禁煙に成功したので、そのまま継続していれば今はもう吸っていないでしょう。


喫煙者なのでライターを常備しています。

家中いたるところにぽんぽん置いてあります。


ある日。普通にくつろぐ普通の夜。


何を思ったのか、突然私の頬にライターの火を近づけてくるのです、笑いながら。


果物の汁で白い紙に絵を描き、乾かした後ライターで炙るとあら不思議!!

書いた絵が浮かび上がるのです!

そう、あぶり出しです。

しかし彼が炙っているものは私の頬、果物の汁は仕込んでいません(笑)。



おふざけのつもりでしょうか。

でも向けられた方はすごく怖い。

やめて、なんでそんなことするの?!と言ったら、ちょっとした悪ふざけだといいます。

悪気はないし、火傷するほど近づけていないと。


彼にはかわいい姪っ子の「あやめ」がいます。

「あやめちゃんにもその悪ふざけやるの?」と聞くと、あやめちゃんにはやらないと。


あやめは小学生だから。


私も小学生なら、炙られずに済んだのか。

今も悩むところであります。