面白い離婚

面白い離婚なんてないと思いますが、ただ楽しく読んでもらえたらいいなと思います。

今思えば面白い。

超スローペース更新のしろっぷです。
離婚から約10か月、別居してから一年が経過しました。

そろそろ面白かった話をあげておきたいと思います。

元旦那には、趣味がありませんでした。
私はそれが心配で、なにか楽しいことがあるといいが…と思っておりました。

あるとき、彼が『バイクを買いたい!』といいました。
無趣味の彼に、ツーリングという楽しみができる。
よかった、是非買うといい!!
なんていい嫁でしょうか。

これが、のちのちの色々な出来事を引き起こす伏線となります(笑) そう、かっこ わら です。


購入したバイクは、ヤマハSR、中古で38万円でした。
それなりに貯金をしておいたので、キャッシュで購入できました。

日頃、バイクとは縁のなかった私は、パーツをあれこれ取り替えるなんて知りませんでした。
バイクを購入した日から、彼のネットサーフィンが止まりません。
オークションで次々とほしいパーツを探してきます。
しかも、彼はネットにめちゃくちゃうとい…汗
オークションで見つけたパーツを、わたしに落札するよう言ってきます。
かくして、バイクは一台なのに、なぜかシートはふたつ、マフラーはふたつ、ミラーもいくつもある、ハンドルもなぜ4つある???なんに使うのかわからない小物も大量に…というおかしな状況に陥り始めました。

結果、中古で38万円で購入したバイクは、追加のパーツ代であっという間に100万オーバー。

しかも、突然仕事をやめてきたので、無職…


あら!時間はあるから乗りたい放題じゃないの!!!


しかし彼がバイクで出掛けることはそんなになかったのです。
なぜ(笑)
無職だから?いまだにわかりません。


はしょりますが、彼が無職になり、収入がわたしの少ない月収だけになり、アパートの家賃も苦しくなってきました。
彼は『バイク、売ろうか…』といいだします。
でも、当時まだ、彼を信じ、愛していたわたしは、それを止めます。
せっかく買ったのだから…と。
結局、ナンバーを返納し事実上廃車にし、保有のみするということになりました。

当時住んでいたアパートの家賃、六万円。
手取り月収約12万のわたしの給料では払っていけません。
幸い、県営住宅に応募するとすんなり当選、引っ越すことになりました。
しかし、バイクは置場所もなく、ナンバーを外したため、公道を走れません。
でも、手放すと彼の趣味がなくなってしまう。
最終手段です。

車で20分ほどの、わたしの実家は超がつくほどのド田舎。兼業農家のため、倉庫もあります。
そこに、預けることにしました。
いつか、彼の仕事が安定したら。
彼がまた、バイクに乗って出掛けることができる。
お気に入りの。
パーツも色々取り替えられる。
素敵なバイク…。


そんな日は来ませんでした。


結局、離婚から数ヶ月、わたしの実家で預かりっぱなしでした。
五月に離婚して、『バイク、どうするんだろうねぇ…』という両親の言葉に、しかたなくメールしたのが9月。
大雨の降る日に、彼はナンバーのないバイクを、義理の兄と一緒に取りに来ました。

あのバイク、どうしてるかな。
売り払ってたら、大笑いだよね。
わたしが一生懸命守ろうとしたあの人の唯一の趣味。

どうなってるのか、気になるー(笑)